勝てる投資戦略・億り人編

企業・個人向けに、投資・資産運用に関する情報を提供します。

あらゆる角度から、投資に関する本物の情報をお伝えします。あなたの資産形成に、ぜひお役立て下さい!

勝てない投資家が、日本には非常に多い。

投資は、勝たないと意味が無い。

当プロジェクトSにおいては、マイニングを始め、不動産・FX・金先物など、あらゆる分野のトップを集結することに成功してます。

1日1時間のFXの取引で、月収100万円以上を楽々叩き出している投資家。

月利最低25%の金先物に特化した投資法。

負けなしの株式投資。

都内の優良不動産を取り仕切るコンサルタント。

いずれにしても言えることは、効率が非常に良く、負ける確率が非常に低いという点です。

確かに、投資は勝たなくては意味を成さないと考えますが、「負けない・減らさない」ということも重要な要素でもあります。

その中で、このブログでご紹介するマイニングファームは、デメリットが非常に少ないことが挙げられます。

どの企業のマシンも同じだろうといった判断では、収益率が大きく変わってきます。

いかに省エネで高性能のマシンを選ぶか。
さらには、マイニングファームを超えた企画が計画されてます。
やはり、選ぶ基準とすれば、人・企業であることが実感できると思いますね。

※ランキングのバナーをクリックして頂けますと、非常に励みになります。

マイニングファームとは、いわば仮想通貨を裏で支えるインフラと言えます。

現在、マイニングは114ヵ国で行われるほどの巨大産業となってます。

最近では、海外でのマイニングファーム運営代行が行われる様になりましたね。
ただ、信頼おける海外企業を探すのが一苦労です。
日本の代理店経由がほとんどですが、現地法人との認識の大きな開きが問題となってます。

実際に運用を始めたら、事前説明の内容と大きく下回る収益だったという事例が多くみられます。

また、MLM方式での集客業だけで、実際にはマイニングされていないといったケースも多々あります。

当プロジェクトでは、信頼を第一に日本の企業をご紹介をさせて頂いてます。
納得するまで、真摯にご説明を受けることができます。

当プロジェクトの一押しのマイニングファーム事業。
マイニングマシンで仮想通貨を、より効率良く生み出します。

仮想通貨の取引履歴が詰まったものを、「ブロックチェーン」といいますが、このブロックチェーンの情報が正しいものかどうかを検証するのが、マイニングの実態となります。
マイニングを行うことで、仮想通貨が入ってくる仕組みとなってます。
言わば、仮想通貨の核となっているのが、
ブロックチェーンの技術です。

では、どれだけの潜在市場価格があるのかというと、およそ2130兆円という数字が浮かび上がってきます。
凄い市場であることがお分かりでしょう。

当プロジェクトが奨めているマイニングマシンの特徴としては・・・
●マザーボード(電子回路基板)を、マイニング専用に開発し、抜群の信頼性とコストパフォーマンスを実現。
●多数のマイニングアルコリズムに対応していることから、採掘できる仮想通貨の種類が非常に多い。
●自動的に、最も利益の大きい仮想通貨を選別し採掘する。
●消費電力を抑え、使用電力を大幅カットを実現。
●静音性抜群。

国内大手企業が続々と参入を決めています。

まだまだ仮想通貨市場は始まったばかり。
マイニングで仮想通貨を獲得するメリットは、計り知れないことでしょう。
24時間、マイニングマシンがあなたの為に報酬を生み出してくれます。

※ランキングのバナーをクリックして頂けますと、非常に励みになります。

仮想通貨・株・商品・FX・不動産・・・

いろいろな投資先がある中で、皆様の運用結果はいかがでしょうか?

当プロジェクトSにおいては、各方面のトップの成績を得ている企業・個人と推定を図っています。

例えば、株式投資では、負けなしの運用を継続している投資法を。

金先物投資では、月利最低25%を出し続けている投資法を。

不動産投資なら、確実に10年後に差が出る優良案件を。

どの投資を選ぶにしても、自己責任が取れない方はやらない方が良いでしょうね。
自己責任が原則の世界です。
いかに、優れた投資法を取り入れていくか。
いかに、信頼おける人間に出会えるかも重要な要素だと感じています。

このブログを読んで頂き、信頼・共感できる様でしたら、ご質問等の連絡先を後日掲載しますので、よろしくお願いします。

※ランキングのバナーをクリック頂けると、非常に励みになります!

ビットコインの値動きは、再び80万円超えを目指す展開となってます。

英国のロイズ社(大手保険会社)が、BTCのカストディサービス(国内資産)の開始を始める様ですね。

日足ベースで見れば、上昇トレンドの初動の動きとして捉えれると判断してます。
目先は、87万円あたりが抵抗とみてます。

ロイズ社の様に、贅沢な資金源を保有する大手企業にとっては、今後も参入してくる企業が多くなると思います。

この様に、仮想通貨をとりまく状況が、どんどん進化していきます。

確かに、仮想通貨をすべて理解するのは容易なことではありませんが、日々情報収集を行っていくことで、見えてくるものがあります。

ただ、投資を行うにあたっては、あまり詳しくなりすぎるのも禁物なのかもしれません。
自己判断だけが大きく歩みすぎてしまうことが、少なからずあるからです。

やはりそこは、専門の企業なりアナリストの専門的な知識を有した方の意見を聞くことが重要でしょう。