他人事では済まされません。

download

「東名あおり運転」・・・

神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、「あおり運転」を受けて停車させられたあげく、車外へ引きずり出され後続のトラックに追突され死亡。


「東名あおり運転 第2回公判」が、4日行われました。

夫婦が死亡し、残されたのは長女17才・次女13才です。

長女が証人として出廷してます。

非常にやるせない気持ちでいっぱいになりました。

「両親の無念を晴らす覚悟」だったでしょう。

現場に居て、両親の殺されるのを見た状況を「証言」するなんて・・・

17才ですよ・・・

凄い「勇気」がいる・・・「勇気」なんて言葉では表せないですよね。

まだまだ、両親は必要な存在なのに・・・


東名高速で車を止めたらどうなるのか・・・なんて分かり切ってることです。

なんでも、被告は「接見」に対して「30万円」を要求したとか・・・

これが「人間」としての言動なのでしょうか?

こんな「人間」に対して、なぜ「無罪」を主張とする弁護士がいるのでしょうか?

「人間、お金の為なら何でも出来る」ことなんですかね・・・


いろいろな犯罪が起こっています。

到底、今の「法律」では裁けないものが出て来てます。

「法律改正」は、こういった人の役に立つ様な事柄を議論すべきでしょう。


今回のこの
「東名あおり運転」では、ぜひ「厳罰」を科してほしいと願います。